親切の連鎖


最近、電車に乗ると嫌な思いをすることがあります。ちょっと荷物が当たっただけで、わざとらしくググって押されたり、駅でぶつかりそうになったら、腕で押しのけられる。「おいおい、触るなよ。」と、思わず言いたくなります。

「すいません。」の一言もなく、人をかき分けていったり。。。「一言、言えよ。」といつも心の中で呟いてます。

私も、そんなマナーの悪さに巻き込まれそうになるけど、そういう人間にはなりたくないので、私だけはちゃんとマナーを守ろうといつも思っています。ちゃんと「すいません。」というとか、電車の中では気を使うとか。それでも、マナーの悪い人がいてイライラすることがたくさんあるけど、先日、勇気をもらった出来事がありました。

大阪からの帰りの新幹線の中で座っていると、後から前の席に座った女性が一言私に言いました。
「ちょっとだけ座席下げてもいいですか。」って。
時々、紳士な男性が後ろの人に声がけしているのを見ていいなと思ってから、私も声かけにくい人でない限り、席を倒すときは後ろの人に声かけているのですが、実際声を掛けられる側になってみると、やっぱり声かてもらった方が気持ちがいい。

そして、この日、座席を間違えていた私が、本来その先に座るべき女性に指摘されて、席を変わろうとしていたら(D席だったのにB席に座ってしまっていた)、「私、どっちの席でもいいですよ。」ってニコって笑って、本来私が座るべきD席に座ってくれたのでした。

何だか、すっごい気持ちが良くて、私も人に親切にしたいと思った新幹線の時間でした。

親切の連鎖。

一人一人の心が親切になれば、社会全体が親切になるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*