観る将

藤井聡太くんの活躍から、将棋に興味を持つようになりました。最近は、アベマで対局を観戦したり、携帯中継で棋譜を見たりしています。と言っても、やっと駒の動き方を覚えたくらいで自分で対局はできません。

だから、観戦するだけです。これを、巷では観る将というらしいですね(笑。

千駄ヶ谷(True Nature)に陰ヨガを教えに行っていた頃は、北参道駅から東京将棋会館の前をいつも通ってスタジオに行っていたのに、当時は全くスルー。興味がないって、勿体無いことをしているんだなと思いました。

目の前の貴重なコトに気が付いていないって、人生の楽しみや豊かさに気づいてないことと一緒だなと。だからこそ、観察する力って大事なんだなと、改めてヴィパッサナの大事さを噛み締めているこの頃です。

将棋は、全然わからないのですが、NHKの番組である「将棋フォーカス」と「NHK杯テレビ将棋トーナメント」は見ています。内容の理解は追いついてないけど、やっと最近、「7四歩」とか読み上げられると盤上にその位置を追えるようになりました。ただ、解説者が早口で話すと置いてきぼりになりますが・・・笑。

将棋アプリを携帯に落として、好きな棋士の対戦があると棋譜を見てます。これも、まだまだ全然わからないのだけど、駒の流れをただ見てます。時々、あーってわかる。3手くらい先までたまーに読めるときがあります。

将棋もメディテーションと一緒で、どんどん強くなっていくと、見えてくる景色が違うんだろうなと思います。きっと、藤井二冠は、凡人が見ている景色とは全然違う景色で将棋を見ているんだろうなと。勝つとか負けるとかを超えたところの世界だと思うのです。
メディテーションも気づきの鮮度が上がってくると、物事の見え方が変わってきます。経験した人しかわからないところの世界。

ちなみに、アベマトーナメントも見てます(^^)応援してるのは「木村 チームエンジェル」です。おじきの大ファンです。年齢が近いということもありますが、あの頑張ってる姿に感動します。是非、王座のタイトルを取っても欲しい!!と心の底から願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*