自分の心と他人の心

シンガポールに来ています。シンガポールは何度も来ていて、かつては住んでたこともある場所だから慣れています。

でも、今回は、ちょっと違う。同じ景色であるはずなのに、全然違った空気感を感じます。何故?って、それは私の心の色が変わったからです。

きっと、透明により近くなったのだと思います。今までは、青とか、黒とか、緑とか、色を自分でつけてみていた気がします。透明になると、濁りなく、ありのままの姿をありのままに観ているはず。

同じものを見ていたり、経験したりしていても、ハッピーに感じる人もいれば、そうじゃない人もいるのは、その人の心の在り方や思考のクセの違いです。だから、大人になっていく過程で、心や精神の成長は絶対不可欠だと思うのです。

それには、自分の心と向き合うことが大切。でも、きっとそれだけでは足りない気もします。他人の心とも向き合うことが大切なんじゃないかと思うのです。一人でできることは限られるから、大事な人を慈しみながら、人生を進んでいくことなんじゃないかと思います。

写真は、Fullerton Bay Hotelでハーブティを頼むと付いてくるハニー。フラトンのこのカフェは、ヨガの後によくお茶を飲んでいた場所です。今日も、カモミールティを頼んで仕事をしていましたが、数年前とは違ったスペースを感じながらそこにいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*