心の成長は幸せの必須科目

先日、少しだけ焦りを感じたことがありました。新型コロナの影響とは全く別のトピックなのですが、仕事が思うように出来ないストレスもあってか、心がざわつきました。

あ、やばい。落ち着いてない。

私の心アラートが鳴りました。

いろんな不安の塊が脳裏をウロついていて出ていかないので、「あっち行け!」と言わんばかりに少し座りました。呼吸に意識を向けて、ウロウロしている不安な思考を撃退します。そう、マインドフルネス・メディテーションです。

思考が忙しくて落ち着かない時は、足が冷えていることも多いです。熱が上半身に上がって、下半身が冷えてくる現象です。体と心は一体です。私は、特に、心の状態が体に出やすいのですぐわかります。

メディテーションとは、自分の心を飼いならすこと。躾けると表現する人もいますが、自分の心や感情に振り回されないことです。

よく「ストレス発散」ということを聞きます。ストレスが過度に溜まらないように飲みに行ったり、買い物したり、運動したりとストレスを出す行為ですが、発散するだけではまた溜まったら発散するという行為を繰り返しが起きます。だったら、溜める前に、「あっち行け!」をしたらいいと思うのです。過度に反応する心を鍛えることです。

心の筋トレは、すぐに出来るわけではないです。とても、難しい。でも、心の成長には欠かせまん。コロナにより苦しい状況ではあるものの、こんな時こそ心を飼いならすチャンスでもあるかなと前向きに捉えませんか。

何故、心の成長が必要かって?

心の成長は、幸せになるために必須科目だからです。
私も、まだまだこの科目「A」は取れてませんが(^^;

一緒に頑張りませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*